バックパッカー女ひとり旅

自由気ままにバックパッカーしてます。

ニュージーランドでワーキングホリデー中

思い出したようにブログを書くのである。

ワーホリは10万円くらいで行けるよって話し。

 

今はなんとニュージーランドでワーキングホリデーをしてるのであります。

 

ワーホリの為にかかった費用は10万円もかかってない。

海外旅行保険は元々入ってたので、保険を除く金額。

 

マレーシアからオークランドに飛んだ飛行機代がエアアジア1000リンギット弱で27,000円くらい。

オークランド着いてからATMで650ドル(50,000円弱)下ろして、使い切る前に最初のバイト代が入ったので、それからは黒字。1週間働いただけでもうワーホリ準備金を回収して、後は純利益のみ。

 

後かかったのはビザ代かな。

これもマレーシアでX線とったから3,000円くらいだったかな。

日本だと1万円くらいかかるらしい。

 

ニュージーランドは給料週払いなので、お金ギリギリで行ってもなんとかなりますよ!!

最初知らなくて月払いだと思ってたら週払いと言われラッキーな気分。

 

先週の途中から働き始め、1週間分の給料丸々出た今週は、なななんと額面1200ドルを超えていた。

ビックリー。

日本円で92,000円くらい。

このままいけば月収36万円か!?

まあ、税金で16%引かれてて手取りはもっと少ないけど、簡単なアルバイトとしては悪くない。

 

仕事はキウイフルーツのパックハウスですよ。

 

まだ従業員募集してるみたいだから興味ある人は是非に。

でも日勤があるかは謎。夜勤は大体どこでもまだ募集してるから、夜勤でよければすぐ働けると思う。

日勤はタイミング次第かな。

パックハウスに電話したら空きがあるか教えてくれますよ。

 

仕事内容はとても簡単であります。

 

私の勤めてるパックハウスは休みがなくて時間も最近は7時30分から18時まで。

パックハウスによってはローテーションで4日働いて1日休みみたいなとこもあるみたい。

 

そんな感じー。

 

 

 

 

 

 

 

タイからペナン、ペナンからタイへの国境越え

コパンガンからハジャイを経由してペナンまでの行き方。逆も然り。
忘れないよーに覚書でござる。

バス編
パンガンのトンサーラーフェリーターミナルから Raja ferry でドンサク港へ。
RAJA ferry ドンサク港からナコーンシータマラート、ハジャイ経由でスンガイコーロクまでバスが出てるので、これを使うと便利。
1日2本、9:30am 、 7:30pm 発。
ハジャイまで270バーツ。ぼったくり(?)注意。

 


f:id:mugen7:20180121071219j:image


でもちょっと時間かかるかも。
実際にハジャイに着いたのは15時45分頃。
ハジャイバスターミナルからバンでタイ側パダンベサまで1時間50バーツ。国境に行きたいと言えば、国境前で下ろしてくれる。
イミグレーションは、列を作ってみんな並んでるけど、日本人はその列じゃなくて別室に行くこと。
わざわざ並んだのに、日本人は別室に行くように言われる。多分列はマレーシア人とタイ人とか用。なんでか不明。
そこから歩いてマレーシア側の国境へ。

バイクの客引あるけど、歩いていける。途中免税店有り。
マレーシア側の入国審査所を出て数秒で、右側に歩道橋があるので、歩道橋を渡ってマレーシアのバダンbesar鉄道駅に行ける。
そこからバトワース行きの列車にのり、約2時間でバタワース駅着。列車は1時間に一本くらい。

途中アロースターも通るよ。


f:id:mugen7:20180121071026j:image

バタワース駅から
以前は歩いてフェリー乗り場に行けたけど、今は工事中なのか、無理のシャトルバスに乗ってフェリー乗り場へ。
ペナン島までフェリー往復1RM。
フェリーを降りるとバス停がある。
CATという無料バスが、フェリーターミナルとコムタを循環してる。
ペナンに行かない人は、KLにも電車が出てるよ。

バトワース駅出てすぐにバスターミナルがあって、そこからもマレー半島各地シンガポール行きのバスも有り。

 

鉄道編

ドンサク港からスラタニ駅までバンで移動。150バーツ。
もっと安くしたい人は、スラターニシティまでバンで行って、そこからローカルバス。ローカルバスは多分終バス早い。
私が使ったことあるのは、スラタニ駅夜中出発の列車で、ハジャイに着いた後、ハジャイから国境のバダンベサまで出てる列車に乗り換え可能。
ハジャイからパダンベサまで電車は1日2本。これをのがすと、バスかバンで移動。
鉄道駅にイミグレーションがあるので、迷うことなく国境通過可能。

 

 

ペナンからハジャイに行くのはその逆。

マレーシア側から歩いて国境通過の後は、目の前にある警察署の前からバンやバスに乗れる。終バスは17時って言われたけど、17時45分頃もバス有り。ただはっきりしないので早めに。

ハジャイバスターミナルからバスとフェリーのジョイントチケットは普通に買うより安いけど、ここでもぼったくり注意。

おまけにハジャイバスターミナルの時刻と値段表。これ以外にも近距離行きのバンはたくさん出てるよ。


f:id:mugen7:20180121071645j:image


サムイ行きのバスでコパンガンにも行ける。


前はバス自由席だったけど、今回は指定席で直前に行ったら席が無くて立ち席だったので早めに。
本当は早くバス停着いてたんだけど、チケット販売午後8時からって言われて、戻って来たら席は売り切れてた。なんかよくわからんシステム。


ペナンからハジャイまで直行のバンもあり。コムタ近くの旅行代理店で販売中。35RM。
高いから私は利用してないので詳細不明。

自分で行けば、  11. 40リンゲルと50バーツなので直通バンは倍以上かかる。

同乗者にパスポートチェックに戸惑ってる人いると更に待たされる可能性あるし、自力の方が楽かもねー。

 

そんな感じ。

ハジャイからもう一つの国境までもバンは出てるけど、マレーシア側の交通手段は不明。

padangBesar の国境は空いてるというか、外国人がいない。別室の椅子に座らされパスポートも念入りにチェックされるのでちょっとドキドキ。

ちなみに、タイ陸路年2回出入国はバッチリチェックされます。陸路年3回以上の方はビザのご用意を。

 

では。

タイで自動車バイク免許をとる@サムイ島

タイで運転免許を取ったので、忘れないうちに覚え書きとして書きなぐるのである。

サムイ島編

 

必要書類

・イミグレーション発行の住所記載書類

なんの書類もいらず、パスポートと顔写真だけ持ってったら30分で発行

500バーツ

ちなみに観光ビザで取れました。多分ノービザでも問題ない感じ。

住所は自分でメモ帳に書くだけなので、デタラメでもなんでもオッケー。

・健康診断書

40バーツで書いてもらう。名前聞かれただけで、何も見てない!

政府系病院が安いかと思ったら600バーツと言われる。

高級私立病院は2000バーツ。まあ、ちゃんと検査するんだろうけど。

書類が欲しいだけなら小さなクリニックへ!!

・パスポートとコピー

コピーは顔写真、最新のスタンプのページ

・国際免許証(あれば)

コピーは表紙と顔写真部分。

私は日本の免許証を日本に忘れてきたけど問題なかった。

 

自動車免許とバイク免許を取る場合は二部づつ必要。

イミグレーション発行書類と健康診断は、一部原本、一部コピーでもオッケーだった。

でもコピーOKかは場所によって違うかも。

 

受付時間

月水金

8:30〜9:30

ただし先着40人までなので早く行くこと。

8時30分前に行っても待ってる人いるので、とにかく早めに。


f:id:mugen7:20180113035527j:image
f:id:mugen7:20180113035541j:image
f:id:mugen7:20180113035559j:image

 

流れ

新規取得最低2日必要

国際免許証からの書き換え、当日午前中に発行。

 

朝早く行って受付番号を取って待つ。

 8時30分に窓口が開くので番号が呼ばれたら書類提出。

こちらで書く書類は一切なし。全てのコピーに署名するくらいかな。

次は適性検査。10時30分開始だったかな。よく覚えてない。

最初はタイ人で、その後外国人。

色が分かるか、ブレーキを踏む反射神経はあるかなどなど。日本みたいな視力検査はないのでちょっと気楽。そんなに難しくない。

国際免許証がある場合はこれで終わり。お金を払って写真撮影。

私は車のみ国際免許証があったので、バイクは新規でとるので学科試験と実技試験を受ける必要がある。

 

車の国際免許証がある場合は講習は免除。

見たいと頼んでも見せてくれない。

車もバイクも新規で取る場合はビデオ講習か何かわからないけどなんかある。

 

14時からコンピュータによる学科試験

日本語も選択可能。

が、日本語は意味不明とのネット情報で英語で受けるも、勉強してなかったので落ちる。

試験の後に不正解問題と正しい答えが表示されるので、一生懸命覚えようと思ったのに、待ってる人がいっぱいいるからと追い出される。

試験は1日一回まで。

でも、試験は平日毎日受けられる。

明日以降13時に来るように言われる。


f:id:mugen7:20180113035821j:image

ここで学科試験に受かっても、実技は明日の14時。

学科と実技両方1日で受けるのは不可能。

 

学科勉強は

英語のオンラインテストとpdfを使って勉強。

http://thaidriving.info

http://crowdtest.org/en/thailand-driving

http://donslifeinthailand.com/files/E-EXAM._1-1.pdf

http://donslifeinthailand.com/files/E-EXAM2.pdf

http://donslifeinthailand.com/files/E-EXAM3.pdf

8割そのまんま出る。

赤マルに白い横線の進入禁止の標識はこの例題に乗ってなかったけど、2回とも出題された。

ここに乗ってない問題も出るけど、ちゃんと意味を理解してれば大丈夫。

50問中45問正解で合格。

駐車問題で1つ意味不明な問題があるけど、多分上記のリンク通りの答えで正解。

日本語の問題解説はここのサイトが便利。

http://mashimashith.blog.fc2.com/blog-entry-55.html 

書き込み見てると、日本語でよく分からないとツッミが多い積載問題などは英語の試験は全く出なかった。他にも日本語の問題であるけど英語では見なかった問題多数。

日本語の試験と英語の試験は内容が違うのかと思ったけどタマタマ?

 

 

学科再試験

学科再試験が受かれば当日の14時からの実技試験は受験可能。

学科再試験13時開始かと思いきやまたされ13時20分開始。

実技試験は14時からなので素早く解く。

合格後14時から実技試験。

 

実技試験

別の人が試験受けるのを見て同じようにやりなさいと言われる。

内容はこれ。タイ語分からなくてもなんとなく分かる。


f:id:mugen7:20180113035709j:image


f:id:mugen7:20180113035729j:image


f:id:mugen7:20180113035749j:image

1分くらいで終わる。いやうそ、2分くらいかかったかも。

 

試験場でレンタルバイク100バーツ。

持ち込みバイク可能。

 

ちなみに半ズボンはだめで、長ズボンじゃないといけないらしいんだけど、一緒に受けたファランのお姉さんは超ミニスカだったけど何も言われてなかった。

 

その後結構待って免許を受け取る。

ここで間違いがないかチェックして。

私は後になって自動車免許の誕生日間違いに気づくが、お金払わないと直さないと言われそのままに。

誕生日違っても問題ないからきにするn

さすがタイ。

 

バイク免許代105バーツ

免許証を入れるケース10バーツ

 

車の免許値段忘れたけど、バイクよりちょっと高かったかな。

 

15時30分前には終了。

 

コパンガンには運輸局がなくサムイまで行かなければならない。

運輸局はRajaferry乗り場の近く。

2キロ弱だから歩いても行けるよ! 

 

こぼれ話

全ての試験に受かるまでお金は一切かからない。

受験料はタダ。

日本は落ちてもお金かかるけど、タイはお財布に優しい。

タイで免許取って合計3ヶ月以上住めば日本の免許に書き換え可能。

タイ免許とりたてでは、タイ発行の国際免許証はとれない。

日本では眼鏡かけて写真撮るけどだけど、タイでは眼鏡外すように言われた。

ど近眼にはカメラもよく見えなくて視線が定まらぬ。

 

他の方のブログ読んでると地域によって差はあるみたいだけど、サムイ島はこんな感じ。割と楽かな。

 

 

 

コパンガンでのお家探し

家を探してるでござる。

今住んでる所は四畳半+トイレ洗面所+バルコニー付きで月4,000バーツの竹の小屋。

 

大家さんも良い人で、家も素敵なんだけど、如何せん竹で出来てるので、音がだだ漏れ。

お隣さんとの距離も近くて、部屋の中で喋ってても声がまる聞こえという、カラオケ好きにちょっと厳しい環境。

そして、台所が無いので、毎日外食かコンビニ弁当は、値段も高いし、美味しくない。

 

のでので、キッチン付きで防音の家を探し中。

 

今はハイシーズンらしく、家が高いのと、良いお家は空きが無い。

 

学校のそばで探そうとしても、空き家事態が全然ないので、ちょっと遠くまで行って探してみる。

 

今日見学した家は、月4,000バーツの六畳一間で、トイレシャワーキッチン共同。

でも、あんまりきれいじゃないし、ぐっとこなかった。

 

予算6,000バーツで、素敵な家を探すのだ!!


f:id:mugen7:20171204055433j:image

今のお家

スピリチュアルな学校でボランティア

持ち前の飽き性を発揮して、ブログ書いてませんでしたが、またぼちぼち書こうかな。

どうしようかな。

てな感じで、今はタイで、気づきとヒーリングの学校でボランティアをしてますよー。

ヨガや瞑想や気功などなど、スピリチュアルな色んなクラスがある学校です。

どこかのメソッドを体系的に学ぶってよりは、色んなスタイルをちょこちょこお試ししながらやってくって感じ。

 

私は、名前よく分からないけど、楽器を使ってアジナチャクラに集中する集団瞑想が中々お気に入り。

あとは、クンダリニヨガも中々いい感じだけど、強い呼吸をするので、鼻の穴が痛くなる。でも、ヨガの後の瞑想はすごい集中出来て良い。

 

ゴエンカさんの集団瞑想も毎朝やってる。参加した事ないけど、集団瞑想のテープが聞こえてくる。

テクニックまで教えてるのか、ただ集団で瞑想してるのかはよく分からないけど、テクニック教えてたらまずいんじゃないかなと懸念してる。

だけど、教えてる先生によって全く違うクラスなので、自分にとって良いと思うものだけクラスをとったら、上手く活用出来るんじゃないかな。現に、全てのクラスを毎日取ってる人、殆どいないし。

 

ボランティア仕事は、クラスの出席確認と、庭の履き掃除などなど、簡単な仕事。

しかもそんなにシリアスじゃないから、リラックスしながら出来るし、仕事って本来はシリアスなものじゃないんじゃないかと、働くという事はどうゆう事かということを、ここで一番学んでる気がする。

 

多分、ボランティアの中で、一番真面目に働いてるのが私だと思うくらい、他の人働かなさすぎてびっくり。

 

1日4時間のボランティアをしてる間は、授業料無料でクラスを受講出来て、一ヶ月ボランティアをやると、その後3ヶ月間全てのクラスを無料で受けられるの。

 

だから、世界中から、スピリチュアル好きな人達がボランティアに訪れてる。でも、日本人はおろかアジア人見かけないのよね。ヨーロッパ、北米、南米から来てる人が殆ど。

 

そんな感じ。

眠いから寝るぞ。

 

なんか質問あれば受け付けるでござる。

マレーシア 現地SIMカード 通信会社の特徴と注意点

以前マレーシアに来た時買ったsimカードが期限切れで使えなくなったので、

本日新しいsimカードを購入しました。

 

今回は、マレーシアの携帯通信会社毎の特徴や、
simカードの有効期限についてシェアしたいと思います。

 

f:id:mugen7:20170511031323j:image

 

マレーシア通信会社
・celcom
・digi
・maxis
・U Mobile
他にも通信会社はありますが、この4つが有名どころだと思います。

 

私が使った感じや、マレーシア人の友人に聞いたところ、
ブランドによって特徴があるようです。

 

celcom
日本で言うとdocomo的存在。カバーエリアが広い。
プルフンティアンの友人に聞いたら、プルフンティアンではcelcom以外通じないとか。
田舎に行くならcelcom。
値段は高め。

 

 ・digi
なぜか私の周りの人達からは一番人気のdigi。
料金もお得な感じ。
ネット通話料込みのプランもある!
黄色い看板が目印。

 

maxis
インターネットが一番強いらしい。

ネット好きならmaxis。

Hot Linkって赤い広告が目印。
でも値段が高い。

 

U Mobile
カバーエリア少なめ。
でも一番安い。
ネットも電話も安い。
カバーエリア内だけで使うならお得!

 


私は今回、田舎にも行く予定だったので、celcomを選びました。
Simカード代 10RM
初回ボーナス200MB、 6RM 、ベーシックインターネット10GB、 Facebook10GB
インターネットのプランも色々ありますが、1ヶ月5GBで30RMです。

f:id:mugen7:20170511031621j:image

 

注意点
マレーシアの携帯電話って、どの通信会社も一緒なんですけど、
1日1RM払わないと、携帯電話使えなくなるんですね。


どうゆう事かというと、1ヶ月使いたいなら1ヶ月毎に30RM課金しないといけないんです。
残高があっても、課金し続けないと使えなくなるんですよね。

 

私、何も知らなかった頃失敗しました。
1ヶ月50RMのインターネットプラン買いたかったんですけど、
お店に行ったら10RM分のトップアップカードしかないとのこと。
それで、10RM分づつ5回トップアップしたんですね。
そしたら、10日後に使えなくなったんです。。


一回にトップアップする料金で使用期間が決まるらしいんです。
10RM で10日
30RMで30日
50RMで50日
って感じです。

 

 

simカードの有効期限
トップアップを50日間しないと、使えなくなります。
私はこれで使えなくなりました。
番号復帰も出来ないとのこと。

 

本人がマレーシアに居ない時、
番号を維持する為に、一番お金のかからない方法。
マレーシアの友達に頼んで、
50日毎に5RMづつトップアップし続ければいいのです。

 

今回celcomの店員さんがめちゃくちゃ親切で色々教えてもらいました!

 

マレーシアはsimカードの料金とかプランもころころ変わるので、
買う時に要チェックです。
でも、simカード自体は至る所で売ってるので、買うのは簡単です。

 

パスポートがいるので、パスポートをお忘れなく!!

 

それでは、みなさん現地simを手に入れて、快適な良い旅を-!!

マレーシア観光行くならコタバル!日本人として行きましょう。

マレーシアのコタバルって聞いた事ありますか?

 

f:id:mugen7:20170509052556j:image

 

タイと国境を接したケランタン州の州都です。

 

f:id:mugen7:20170509052239j:image

 

ちなみに、マレーシアの国王は、州ごとのスルタン(王様)が持ち回りで、五年ごとに交代するんですが、今の国王は、このケランタン州のスルタンなんです!!

 

ケランタンはイスラーム色が強くて、金曜日が公共の休日なのはもちろん、
なんと映画館まで無いんです!!
公共の場で男女が一緒になるのは良く無いからだそうです。

 

そんなコタバルですが、多くの人は、プルフンティアンに行くための通過点として通り過ぎてしまうのですが、勿体無いほど魅力にあふれています。

今回はコタバルに来たら行った方が良いというか、日本人だったら行くべき場所を紹介します。

 

パンタイ・サバ(Pantai Sabak)、プラウ・パック・アマット(Pulau Pak Amat)

 

f:id:mugen7:20170509051627j:image

 

多分みなさん聞いた事ないと思うんですが、
ここ、歴史上、特に日本の歴史上めちゃくちゃ重要な場所なんです。

 

というのも、ここ、第二次世界大戦の時、一番最初に日本軍が攻撃した場所なんですね。

そう、コタバル上陸です。 

 

f:id:mugen7:20170509051340j:image

 

私はずっと、真珠湾攻撃が一番最初の攻撃だと思ってたんですが、実は違って、
真珠湾より2時間くらい早く、奇襲攻撃かけたのが、ここコタバルなんです。

興味のある方は、国立国会図書館デジタルコレクションにある大東亜戦史マレー作戦という本を読んで見て下さい。
ネットで無料で読めます!!
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450644/25?tocOpened=1

タイトル 大東亜戦史マレー作戦
著者 朝日新聞社
出版地 東京
出版社 朝日新聞社
出版年 1942


日本軍はコタバルから上陸して、自転車で南下して、シンガポールを攻め落としたんですね。

その最初の上陸地が
パンタイサバ(Pantai Sabak)、プラウ・パック・アマット(Pulau Pak Amat)
なのです。

 

軍歌の「戦友の遺骨を抱いて」で歌われている、
一番乗りをやるんだと 力んで死んだ戦友は、
このパンタイサバで亡くなったのかななんて、
色々と思いを馳せる場所です。

 

今現在は何もありませんが、プラウ・パック・アマットに行く途中の道に
こんな看板がありました。

 f:id:mugen7:20170509051905j:image

 

ちなみにコタバルの人はみんな、日本軍が最初に攻撃したのがサバ海岸だって知っていました。
日本人が最初にアタックした海岸に行きたいって言ったら、誰でも場所教えてくれると思います。

 

行き方

パンタイサバ(Pantai Sabak)、プラウ・パック・アマット(Pulau Pak Amat)までの行き方ですが、コタバルのバスターミナルからパンタイサバ行きのバスが出てます。

 

プラウ・パック・アマットは、パンタイサバの手前にあるので、
パンタイサバ行きのバスに乗って、途中で降りてから、歩いて行きます。
30分くらいかかりますが、途中で安くて美味しい揚げ物屋さんがありました!!
バナナ、魚のすり身、ドリアンなんかの揚げ物がありますよ。
オススメです。

 

バスでも問題なく行ける場所ですが、
時間が無い人はタクシーで行くのが便利だと思います。

 

 

戦争博物

f:id:mugen7:20170509052152j:image

ちなみに、コタバルには戦争博物もあり、
コタバルから南下する時に使った自転車なんかも展示してあります。

f:id:mugen7:20170509052121j:image


コタバルバス停から徒歩10分くらいで、ここに行ってから現地に足を延ばすと理解が深まると思います。

 

 

 

パンタイサバもプラウ・パック・アマットも、今は何も無いただの海岸です。
でも、日本人として、ここを訪れる意味はあると思います。

是非1人でも多くの人が訪れる事を願って、この記事に代えさせて頂きます。